モデルルーム

注文住宅においては一般に住環境として必要な暑さや寒さから身を守り、太陽光を取り入れ、風通しが良くて健康に快適、結露も起きず、地震にも安全で、耐久性があり、外観はデザイン性に配慮され、動線が機能的、設備機器は最新のものが配備され、インテリアやエクステリアも家と調和しているというものが求められるものです。
最近は省エネにも配慮された太陽光発電を設置するケースも見られます。
そして防音や遮音にも配慮された高気密断熱のものも要求されるようになって来ています。
さらには趣味室を設けたり、2階から出られるバルコニーにおいてガーデニングを楽しめたり、庭の一角にはウッドデッキが設置されていてその一角でバーベキューもできるようなものが理想的とされています。
自分の理想の住宅をや一戸建てを建てるなら注文住宅の他に、自由設計もあります。

その他に

注文住宅は街の工務店に依頼して打ち合わせを行い、施工までやってもらう場合があります。
そして細かい部分まで打ち合わせを行い、構造も木造に限らず地形や法規制、あるいは地盤状況などから判断して最適な形を実現するという点では、設計事務所に依頼する場合もあります。
土地が狭い場所でも狭小住宅も建つので結構その方面のアイデアも持っているケースが多いものです。
この場合は見積もりが取られ、事務所は監理を行う場合が多いものです。
最近自由設計を謳うハウスメーカーも出て来ています。
間取りの変更にも応じ、設備機器や建築材料もある程度幅のある中から選択できるというもので、昔のある時期にあった企画型と呼ばれる住宅に比較すると進化したともいえます。

価格傾向について

自由設計と呼ばれるようになったひとつには、家族の人数も以前に比べれば少人数となり、その分機能性や間取り自体に変化も見られるところから、ある程度施主側の希望も聞き入れやすくなって来た事情もあります。
最近は新築住宅に比較して中古住宅のストック数が増えてきているとされています。
しかし自由設計の一戸建ては間取りにおいて仕切る壁の量や建具の量を調整することで電気器具や設備の量も調整出来るようになりましたので予算も融通性が生まれて来ました。
価格としてはハウスメーカーの場合は坪単価は70万円から80万円という傾向にありますが、ローコストを謳う工務店などの場合には坪単価はその約半分となっており、これらは上でも述べたように顧客の予算に合わせることで安く仕上がるということを示しているものと見られます。

オススメリンク

日当たりがいい

理想の一戸建てへ

理想の一戸建てというのは一体どういった家造りで考えれば良いのでしょうか。
注文住宅の利点として自由設計で家を建てれる、自分の要望や必要に応じた環境設備を創意工夫によって建築された時に味わ…Read more

瓦の屋根にする

マイホームを持つ

現在、妻1人、娘1人と私含めての3人家族ですが、ゆくゆくは子供もあと2~3人は授かって大家族といかないまでも、賑やかな家族を目指しています。
今は賃貸のアパート住まいですが、当然子供が更…Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

BACK TO TOP